--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-24(Sat)

えあじゃむべつばな

普段全く更新しないこんなブログに引っかかって見に来てしまった方、すんません。
先日のエントリーは自分の備忘録の為にタイトルをそのままつけてるのですが、それがダイレクトに検索されてしまったわけですな。反省。

ということで、前回のは1日通しての感想だったわけですが、実際にはそれだけで終わるはずもなく。

まずは、日焼け。
対策を全く考えてなかった時点で完敗なんですが、それにしても焼け方がハンパなかった。
首元なんかNikeのスウォッシュマーク的焼けが出来ててほぼ火傷状態。
見た目が痛々しいので画像アップは控えますが、もの凄かった。
顔も普段焼けてないから会社ではいつも喋らない方からもいきなり笑われたり(ちょいと失礼だろ)。
顔が濃いから尚更異国の方やね~と言われたり。
「どこ行ってきたの?」「ちょっと横浜スタジアムまで」のやり取りは、何回やっただろう。

そしてお次は携帯の電波&電池。
もちろんみんなして連絡を取り合ったりつぶやいたり何だりしてるのでつながりにくい。
しかもそんな中携帯は電波を求めて電池を消費。
見る見る間に充電は減っていき、恐らくBRAHMANの時点で充電は切れておりました。
そしてそういう時に携帯が必要になる事態が出るんですよねぇ~。
さらにJRはこういう時に人身で運転ストップてwww
そんなこんなでフェス後、関内周辺のコンビニ7~8軒周ってようやく充電器を見つけました。

教訓。
いくらクロークに預けない程荷物をなくしていっても、電池の心配はしときなさい。私。
ってかガラケーにSIM差し替えときゃよかったんでねぇか、ってのもありですが。

・・・という振り返りでした。
あぁ久し振りのCD購入はBRAHMAN「霹靂」でキマリやね~
これは買っとかないといけないと思いました。
スポンサーサイト
2011-09-20(Tue)

AIRJAM2011 in 横浜スタジアム

※多分長いです

いよいよ待ちにまった日がやってきました。
Hi-Standard11年振りの再結成。
みんなこの日をそれぞれの思いと共に待ちわびていたことでしょう。

ちなみに最初にハイスタを聞いたのは大学生。・・・時が経つのは早いもんですな。

そして一緒に参戦するは普段仕事の関係でなかなか丸一日休みの取れないda-studioと。
無理かも・・・と思いつつ「行けるか?」との問いに即答で「死んでも行く」と。

そんなこんなで、ついったーのAIRJAMタグ情報に踊らされながら前日に待合せ時間を早め、8時には会場入り。

DSC_0454.jpg

でも、これだけ前にリストバンド交換に並んでおりました。。
その時点では「どれだけかかるんだろう?」と不安になりましたが、想定よりかなり早く1時間もかからずリストバンドゲット。

DSC_0456.jpg

スタジアムの開場までまだ時間があったので、1杯やりつつ場外をブラリ。

DSC_0455.jpg

早く色んなことが処理できたんで、テンションを上げるしかできなくなってましたなぁ。

そして開場の時間がやってきたので入場口に並んでると、「入場の確認をするのでみなさんリストバンド見せてくださ~い」という係員の一言から全員ハンズアップ!中にはメタルポーズもいたなwww

DSC_0458.jpg

そして入場口からスタジアムに入る時には周りの方々共々テンションを押さえきれず、みんなで「オイ!オイ!」とコールまで始まってしまう始末wwwまぁそりゃあがりますわなぁ。

そして待ち時間を何とか潰し、ようやく開演!!

<磯部正文BAND>
みなさん磯部さんもといイッソン目当てだったんでしょうが、私は完全に今回ゲストで入っていたひさ子さんしか見てませんでしたwww
NUMBERGIRL時代からずっと彼女のギターリフが好きでしょうがなかったのが、ようやく生で見れる!とあって(他ので見に行けよって意見はスルーします)既に見れただけで満足。
ギターソロでは・・・鳥肌立っちゃいました。
しかもイッソンの新曲にはちょいとボーカルも入っちゃったりして大満足に終わりました。
・・・これ何の感想だ?

<10-FEET>
久々の10フィをこんな早い時間で見れるとは!ってことでアリーナの一番前のエリアに行ってたのが、後々の誤算・・・
ではありましたが、もう上がるセトリばっかではしゃがずにはいられない!ってことでいきなりモッシュにもまれた上に熱中症寸前のところまでいってしまいちょいと後悔。
全曲良かったからそんな状態になっちまったんだよね、俺。
super stomper→1sec.は危険です。

<pay money to my pain>
上のような状態だったので、ひとまず場外に出ようとしながら聞いてたので、聞き流しにはなってしまいましたが、ボーカルがうまい感じだったんで、もうちょい普通に聞きたかったと・・・。すんません。
ちなみに場外に出ようとしたところで演奏を終えたNAOKIはんとKOUICHIはんに遭遇!おつかれした!!

ここで小休止、ってことでアリーナ(オールスタンディング)の方々には休憩スペースということでスタンド席の一部が開放されてたのでそこから観戦。

DSC_0461.jpg

しかしこの状態はカオスやね~、あんな場所にさっきまでいたんだ・・・とちょいと引きましたwww

<SCAFULL KING>
そんな中だったので、この休憩スタンド席からだと、ギリでステージが見えない。。
なので音楽だけ楽しんでましたが、やっぱスカは聞きやすいしノリやすいんで、これまたちゃんとステージを見たかった。

<FACT>
CDではずっと聞いてて早くライブを見てみたかったバンドだったので、とりあえずアリーナの空いている一番後方のエリアへ。
いきなり目当ての「A FACT OF LIFE」を聞けたのでそこで満足してしまいました。
しかしながらおニューアルバムが出ていたことを知らず、そこからの曲が多かった為、そこまでノリきれませんでした。
MCは・・・もうちょい頑張って。

<MURPHY'S LAW>
今回2バンドいた外国バンドの1組。
ボーカルの方は飲んだくれててかなり楽しそうにやってましたな。
しかも演奏中ほとんどステージにはおらず、最前のあたりに下りてずっとキッズ達にルービーかけながらwww

<KGDR>
おっ生ZEEBRA。痩せてるな~、ではなく今回のラインナップでは確実に異色なHIP-HOPでしたが、やりきってましたね。
何様だ、俺?

この辺だったか忘れましたが、一度場外に出ようとした時、庄司ミキティ夫妻を見ました。
ミキティ~!(言いたいだけ)
ちっさかった。

<LOW IQ 01 MASTER LOW>
MCのキャラが・・・こういう方なんですか?

この辺で2度目の休憩。ここでようやくtakaユミ夫妻やひぐと合流。

<TURTLE ISLAND>
ハードコアに和太鼓って・・・新しいな~とただただ関心。

この辺で夕方5時。
最後のハイスタは7時40分開始予定。そろそろアリーナに降りとかないと規制かけられるか?ってことで真ん中辺りの丁度両ステージが見えるとこに移動。
(ちなみに今更ですが、このフェスでは「AIR STAGE」「JAM STAGE」とステージを2つ併設させ、待ち時間をなくしていくというスタイルでした)

<WAGDUG FUTURISTIC UNITY>
元THE MAD CAPSULE MARKETSの方がいるバンドということで、やはりラウドでしたな。マッドも結構好きだったんですが、音源は聞いておりませんでした。
レンタルがあったら・・・聞きます。すいません、昔程CD買えないのよ!!

<the HIATUS>
何気にエルレのライブを嫁と見に行って以来?だっけ?ぐらい久々でしたな。
「Ghost In The Rain」が聞きたかった。。

<ME FIRST AND THE GIMME GIMMES>
外国バンド2組目。
お~う何年前かのPUNK SPRINGのNOFXの時以来ですなぁFAT MIKEさん!
いやぁいい意味で最高におバカですな。ちゃんと日本語カバーを織り交ぜて楽しませるところも最高でした!!
リンダリンダのカバー、あれは知らない方が楽しめたんじゃないだろか?

<マキシマム ザ ホルモン>
さぁハイスタ前の個人的ウォームアップ?開始ですな~!
と思ったらいきなり「踊れ~!」と共にメガラバw
最初にこの曲を持ってくるとは思いませんでしたなぁ。普段は大概終わりの方だし。
と思ってたら、やっぱり何かやってくれました。
最後にA・RA・SHIのカバーwwwww
ようやく聞けた~!ってかメチャメチャかっこええやん!でもやっぱり音源にはならないんだろうな(当たり前だろ)。

<BRAHMAN>
いよいよトリ前。
色々と対バンなどで見てきたということもあって、少しずつ曲も聞いたことのあるものが多くて。
普段は基本MCをしないというボーカルのTOSHI-LOWさんも、この日ばかりは思いのたけを喋ってましたね。
その言葉がアツすぎて・・・完全に泣きました。
あ~今思い出しただけでも泣けてくる。
今回のフェスを立ち上げるきっかけになった震災以後からずっと被災地での活動を続けてきたとか色々な思いを込めつつ話していた時に、スクリーンにはライトに照らされたTOSHI-LOWさん。かっこよすぎ。
「俺は諦めねぇ」心にしみました。
その後の新曲「霹靂」もそのまま泣いてましたなぁ。ダメだ、涙腺弱くて。。

<Hi-STANDARD>
さぁいよいよだ~~~!!
と思ったら・・・いきなりSTAY GOLD~!!!
どこでやるのかとは思ってましたが、まさか最初とは!さすがッス!
・・・もうそこからは胸アツすぎてあまり覚えてません。。
だって3人が揃っているだけでみんな満足なんですから。
そしてステージ袖にいた今までの出演者の方々のあまりの多さにちょっとステージ入っちゃってる感も、その興奮を現してたと思います。
難波さんが最後に「来年もやろう!」と言ったように、東北でやるみたいですね。
それは、東北の人達でみてもらいたいなぁ。きっと今年の思いも届いてるんではないかと。

伝説の一日は長かったけどあっという間に過ぎ、ハンパない日焼けと体力の消耗はあったけど本当に最高の一日でした。
出演者の皆様、ありがとうございました。
2011-02-05(Sat)

Tour STOUT in ZeppTokyo

いやいや、よく前のエントリーを見返したら12/9を最後に更新していないという。
ツイッターでつぶやく方が気楽に書けてしまい、こんなことになってしまいました。
しかも年明け一発目が2月という。。

ということで、これまた年明け一発目のライブと突然舞い込んできたやつに行くことに。
ストレイテナーのライブ、NexusTour以来だし久々に行きたいなぁなんてふとゲストを見たら・・・
smorgasじゃないですか!
2008年だっけ?に活動休止して以来だから約3年以上振りにその名前が!これは見たい!
ってことでチケットを探すと、なんでか一般であっけなく買うことができラッキーな感じ。
ってな感じで久々のライブだしゲストも見なきゃってことで、会社のみなさまには申し訳ないですが念には念をで半休を取らせてもらい、いざZeppへ。

そこにはいつもの仲間、ひぐ・ユミユミ・ゆっぱさん。
途中でtakaさんも合流し、やっぱり久々に行くライブでも仲間がいるのね、とホッとする私。

<smorgas>
前に見たのは・・・ベースの河辺さんが脱退する時のじゃなかったかなぁ~。
その時はかなりの勢いで聞いてたんですが、その後の活動休止後は自然と遠ざかっていたようで。
でも、今回のライブからオリジナルメンバーでの復活ということだったので、かなり期待をしていきました。
ちょっとこの為に来たと言ってもいいぐらい。
でも、オリジナルメンバーという時点で気づけばよかった。
その時の楽曲メインになったんですな。
曲自体は好きで、SENSHO1500の若干変態的?なギターや河辺さんのノリのよいベースと心地よく聞けたのですが、なんせ初期の頃のアルバム曲もかなりやったもんだから、中期~後期頃に聞き出した私には半分くらい分からず残念な感じでした。
しかも途中から自分の目の前の全くスペースのないところに女子グループが入ってきて、ノリもしない。。
おい!こっちはゴンドワナで飛びてーんだよ!的な。
セトリ改善希望、でした。(多分ないだろうけど)

<ストレイテナー>
チケットが確保できてから、早速今回のツアータイトルである「STOUT」を購入。
(久々にCD買った、と思ったらこれもポイント・・・出金なし)
新曲1曲以外は、4人になったから改めてってことで自分達の楽曲のセルフカバー集という形のものだったのですが、これがまたかっこいい。
いつもテナーの楽曲は聞き込んでからよくなっていくものが多かったのですが、今回はスムーズに入ってきましたな。
もちろんメインはアルバムからですが、それ以外にも新旧織り交ぜいい感じのセトリで聞けました。
やっぱひなっちのベース、かっこええわ~。天才的よね。
いつもテナーのライブに行くと、ライブバンドだな~、かっこええな~と再確認しに行く感じですが、やっぱり今回もそうでした。
まさかのラスト新曲で終わるとは思わなかったですが、久々のライブ楽しめました。

またたまには行かせてもらいまっす~
2010-10-11(Mon)

DEAD AT BAYAREA

結構前にチケットが取れていたKenさんのライブというかプチフェス。
行ってまいりましたよ。

幕張は遠いので車で。
渋滞を加味して少し早目に出たのですが、普通に1時間チョイで到着。
13時前か?
元々物販狙いでもなかったので、結果的にはもうちょい遅くても良かったみたいです。

会場で、先に物販を狙ってたtakaさんユミユミ夫妻と合流。
ビール・・・いまいちだったのぅ。
そして本番のライブが始まる夕方までは別のブースでアコギライブがあるのでした。

目当てとしてはASPARAGUSのしのっぴだったんですが、その前のHAWAIIAN6のYUTAさんもよかったっす。
アコギのMAGICは新鮮でした。
そしてしのっぴは・・・、他の方はみなさん自身の曲をやってたので楽しみにしてたのですが、やったのは最初の「Wonderland」だけ。。
前日のつぶやき通り、語りの多いライブでした。
(何か高○屋の宣伝してくれたwww)
しかも最後にはKenさんの「I Go Alone」を!!
これはこれでまた新鮮でしたな。満足。

そして(若干の空き時間がありましたが・・・)本番の会場へ移動し、ゲスト2組を迎えるわけです。

<MEANING>
ELLEGARDENのBASS高田さんがいるバンドってことしか知らず、楽曲も事前にサイトから見てただけだったのですが。。
かなり激しいっすね。
サイトで見てた「MY WAR」は良かったです。
しかしトリプルギターってすげぇな。

<マキシマムザホルモン>
いや~~かなり久々ですぞ。ナヲさん復帰後初。
ここではしゃいだらKenさんまでもたないな~、と思ってたんですが。
やっぱ無理でした。
いきなり「F」ですもの。
しかしゲストとかそんなの関係なしに「恋のスウィート糞メリケン」とかやっちゃうんだもんなぁ。
さすがです。
大満足でした。

<Ken Yokoyama>
直前のホルモン、及び朝に5km走ってからライブに参戦というかなり無謀なことをしでかしてしまった為、この時点で足がプルプルエルピープル。
でも、最初は何とかはしゃげてました。しかし・・・
思った以上に周りの当たりが激しく、体力の消耗がかなり早くなってきてしまいました。
しかし終盤に「Running On The Winding Road」が来たので、ここぞとばかりにはしゃいだら、初めてサークルモッシュの外の人とのハイタッチを経験しました。
いや~これ楽しい。
1人で見てるのにみんなとつながってる気がする。
そしてそれは「Let The Beat Carry On」で確信しました。
同じようにサークルモッシュの円ができ始め、今度は周りでハイタッチを待つ側に立ってみました。
すると、ハイタッチ自体というよりもそこにいる目の前のみんなの笑顔が飛び抜けていて、思わず鳥肌が立ってしまう程の衝撃を受けました。
Kenさんの言っていた「ビートをつなぐ」ということの1つがこれなのかなぁとはしゃぎながらもしみじみ思うのでした。

ライブ自体は「Punk Rock Dream」が聞ければ本望だ、と思ってたので聞いたところで退散したのですが、もうちょいやってたようですね。

たまに行くライブがこんなに素晴らしくて、Kenさん本当にありがとう。


いや~考えなしに思うまま書き連ねると分けわかんない文章だな~多分。
2010-07-11(Sun)

FourTour "THE RICHES FINAL"

いやぁ半年以上振りのライブ。
しかもゲストHawaiian6でKenさん。アガらないわけがない。
・・・しかし。
昼頃、いつ開場だっけなぁ(確認しようとするのが遅すぎ、という意見は
置いときます)と思いチケットを探すと・・・ない。
どこにもない。
まじか~・・・当日になってなしよ!は痛すぎだなぁ・・・と半ば諦めてた時に
年の為見ておくか、と思った場所にようやくありました。
しかもその「チケットがない」という状態にお腹もやられる始末。
その後トイレでしばしこもったのは言うまでもありません。

そしてホッとしたところで娘と写真撮影。

2010-07-11 14.11.59

最初は「え~何これ~」と言ってたまちもいざ着せてみると「なかなか
かわいいねぇ」と鞍替えしました。
お願いだからもうちと洋服ローテに入れてあげて!

で、そんなこんなで現地へ。

2010-07-11 18.10.45

現地でtakaさん&ユミユミ夫妻と合流。
久々のライブでも仲間がいてくれるのは嬉しいもんですねぇ。

そしてこのツアーでは、開場前にゲストバンド以外に飛び入りで参加する
ことができるよん、とKenさんが言っているようで、我々が入った時はラスト
のDradnatsというバンドがやっておりました。
しかし後で聞いたら全部で5組!!
1時間でよくそれだけやりましたなぁ~

<Hawaiian6>
何年前か、た~ぼ~に薦められてから聞き出してこんなところで初めて
聞けるチャンスがやってきました。
そしたら、いきなり好きな曲「Star Falls On Our Hands Tonight」がやって
きて、めっちゃテンション上がりますわ~~~!!
やっぱエエです、ハワイアン!
そして連発での「Magic」「Rainbow,Rainbow」にノックアウト。
他にもありましたがあいにくニューアルバムを買っておらず的な感じだった
ので、早くレンタルして欲しいと思う今日この頃です。
1つ気になったのは、ボーカルのyutaさんが右手を上げる時毎回手がピンと
伸びていたところ。
・・・ど~でもええですね。
た~ぼ~、やっぱ声きれいだった。

<Ken Yokoyama>
この時点で20時。
まさかこの後あれだけいることになるとは・・・

ということでDead At Budokan以来のKenさんにご対面!
いきなり「Kill for you」でぶちかまされ、今日は落ち着いて見ようかなんて
気持ちを一気に引っぺがす形に。
しかし、モッシュ群が落ち着くと後ろより見やすい。
そしてKenさんが良く見え~る。
こりゃええわとしばらく前目ではしゃいでおりました。
前目でも少し落ち着いて見れるのはホルモンと違ってヘンな体力を消耗しなくて
よいです。
ところどころサークルモッシュ的なところにもおじゃましてみたので今もちょい
と身体が痛いですな。
アルバムツアーだけあって、Fourからの曲がやはり中心でしたが昔からの曲も
織り交ぜてくれ、大満足で幕は終了。
しかし、まだ「Punk Rock Dream」やってない。ちなみに言えば「Don't Make Me
Pissed Off Fuckin' Son Of A Bitch」もやってない。

まぁこちらも杞憂に終わる結果、というようにアンコールでやってくれました。
どちらも。
でも何回目のアンコールでだったか忘れました。
4回か5回目のアンコール(既にすごいですが)が終わったあと、アコギ1本でKenさん
が登場してくれ、そこからアコギショーが始まるのでした。
いやぁ鳥肌立ちましたわい。
アコギだとまた新鮮な「I Love」、Hawaiianの「Tiny Soul」やよく考えたらアコギ
だけで結構な曲数をやってくれて、心に染み入りました。

ということでこれでもかと言わんばかりの終演時間23時。
まちに家を出る時、「まさか日はまたがないよね~?」と言われましたが、見事に
またぎましたとさ。

あ~久々だから耳キーンが全く抜けない・・・
治るのはいつ頃でしょうか・・・
2010-07-04(Sun)

ロンパー

いよいよ来週は久々のライブ。
しかもKenさん&Hawaiian6というアツい2マンに心踊らせていたのですが。
よくよく考えて見たらKenさんのTシャツ、持ってねぇ…
ということで、物販では厳しいかもと判断しネットで注文。

DSC_0121-1.jpg

一緒に…と思って娘の分も買っちゃった♪デヘ
これかわいすぎ。
ちゃんとおしりのとこにもピザマークつき。
やってくれるぜアニキ。

まだ着させてないのですが、着させたらいつもよりテンション上がっちゃう
んではないだろうか。
普段も手拍子だけでテンション上がるし。
2010-04-27(Tue)

嬉しすぎるラインナップ!

前回はDEAD AT BUDOUKANだったか。
久々にkenさんのライブが当選し、7月のに行けることに(もちピンブ)
なったのですが。
さらに嬉しいお知らせが。

もう1組のバンドがなんとHAWAIIAN6!!
このお知らせには上がりましたわ~!
ずっとライブで聴いて見たかったバンドだけに、久々のライブが既に
楽しみ過ぎる(><)
2009-11-12(Thu)

Life is sweet TOUR in Zepp Tokyo

※タラタラと綴ってるので、長いです

いやぁ、前回10-FEETさんを見たのは・・・ブログを見返すと
もう3年も前になるんですな。。
月日が経つのは早いもので。

ようやくTAKUMAはんに会える!
ってことでチケットが当たった時はまちとはりきってたんですが。
まちは参戦できなくなり。
んじゃ誰か周りでいねぇか~とユミユミやひぐに聞いてもらい、
一時は渡し先が決まっていたのですがそれもNGになってしまった
ので、初めて394のコミュ的なやつでチケット譲ります書込みを
してみました。
いやぁ緊張した。
結果は一晩で10人くらいメッセージを入れてくれたので難なく
お譲りすることができました。

ということで、ひぐ&ゆっぱさんと合流し、さらにユミユミ&
TAKAさんとも合流して乾杯!
(俺は飲み終わっちゃってたけど・・・)
ライブ行くだけでも幸せなのにそこで飲むって相当幸せだな~
なんて飲みながら思ってみたり。んで勝手にテンションアップ。

<northern19>
昔にデビューアルバムだけは聞いてました。
だからその辺からやってくれると助かるなぁと思ってたんですが。
そこそこやってくれましたな。
最後には唯一一緒に叫べる「STAY YOUTH FOREVER」をやって
いただき♪オ~オ~オ!オ~オ~オ!♪的な感じで良かったっす。
そんな中冷静な目で見る自分もいて・・・ってそれはいいとして。

<10-FEET>
さぁて本命の登場!
TAKUMAはん見たさに確かに少し前目に行ってた気はするのです
が、キッズの押しかけがハンパない!!
4人でいたのに瞬間で離れ離れに。
そして1曲目のイントロを聴いた瞬間、危険な予感がしました。
「これは激しくなる・・・!」
だっていきなり「super stomper」からなんて・・・!
そりゃテンション最高になっちゃうよ!!
そこからはモッシュの嵐に巻き込まれ、1曲でいきなりの疲労。
しかしそんなのはおかまいなしにナツい曲やら何やらでアゲて
きはります。
そんなとこで、右ひじあたりを誰かにスマッシュヒットさせられ、
激痛が走り右手を上げるのがツラくなるというハプニング発生。
まぁでもおかまいなしにはしゃぎましたが。
途中MCで年代別に手を挙げるというくだりがあり、やっぱりとは
思ってましたが、周りはほぼ10~20代。
30代でピンと手を挙げた自分が少し切なくなりましたが、しかし
アラフォーやフィフまでいたりと、いやぁおっさんも負けてないなぁ
と元気をもらいました。

そして別の曲でモッシュってた時、突然靴が脱げるという第2
ハプニング発生。
普段ライブ中に一度会場の外に出るなんてことはあまりしない
のですが、さすがにこのままでは更なる被害が容易に想像
できたので片足でスキップしながら退場。

そんなこんなやってるうちにそろそろ落ち着いた曲でもやって
くれるだろうか?であれば(あまり落ち着いた曲ではないですが)
「my pet theory」でNAOKIはんの歌声が聴きたいなぁと思って
いたのですが・・・叶わず。やっぱし前回のアルバムツアーに
行けなかったのはつらかったですな。
でも今回のアルバムで良かった「under the umber shine」「風」
をやってくれたので聴く方でも満足。
さらに久々に聴いた「ライオン」で思わずうるっときちゃいました。

何の為に生きているんだろう?叫んだ

叫ぶよ!!!(意味不明)

やっぱ10-FEET最高っす!!!
元気いただきました!!!
身体は・・・全身の疲労で明らかに影響が出ますけど・・・


翌日のセミナーでは見事にやられたそうな・・・
がんばりたまへ、majuoくん。
2009-09-26(Sat)

デビウ目前

本日は、以前DAstudioの後輩くんがバンドをやっているとのことで
一緒にライブを見に行った彼らをまた見に行こうとの誘いがあった
ので、またもや渋谷サイクロンへ足を運びました。

今回のイベントは彼らUNDERLANDが主催というものだったので、
もちろんトリ。
時間的にその2バンド前くらいには入場できたのですが、それらに
ついてはふれないでおきましょう。。

ということでUNDERLAND登場。
事前にMyspaceで楽曲及び昨年購入のデモ盤にて予習済みだった
為全て聴いたことのある曲となりました。
やっぱ予習は大事ですな。
そして観客は・・・やはり主催というだけあって、昨年とは大違いの
人数。
それでもほぼ最前の位置を確保し、聴き入っておりました。
しかしこれだけ近いとメンバーの方と目が合う合う。
ちょいと恥ずかしい感があったのでした。
予習で聴いていた「Scream Out」や前回気に入った「Burn it out」も
連発してくれたので大いにはしゃぎました。

そしてライブも終了・・・と思いきや観客からのコールが。
しかし「アンコール」・・・ではない。
あっ「One more show!!!」って言ってる!!
よく見たら外国の方でした。
ということでアンコールもやってくれ、終わったのは22時30分。
WAO。
終演後、何とか後輩くんにも会うことが出来、私のことも覚えて
いてくれたようで感銘。

久々のライブに耳はやられてますが(アンプ横に行ったのが自殺行為)、
楽しかった~。
いいストレス発散になりました。
2009-05-08(Fri)

Nexus Tour Final

本日はかなり久々となったストレイテナーのライブへ。
休みも特に取らなかった為、定時退社後ダッシュで武道館入り。

テナーさん自体ブログを見直すと約2年振り(!!)だったので、色々と
聴きたい曲も増えたなぁと言うことと、さらにメンバーが4人に
なってどんなアレンジが加わるんだろう、という期待を持ちながら
会場でクロークを探すと・・・。
ない!
・・・ということで荷物を預けることはできず仕事のカバンを持ちながら
アリーナへ・・・
久々のスーツ姿参戦。。
お客さんは女性が多かった為、さらに浮きました。。

そしていざライブが始まると、アリーナにもかかわらずあんまり
暴れてる方などいらっしゃらなく・・・しかも客同士の間隔もそこそこ
空いていて、久々見やすい環境でのライブでした。

ライブ自体は、そもそもベースのひなっちとドラムのシンペイさんが
目当て(!?)だったのでその演奏にひたすら注目しつつ聴きたかった
曲に上がりっぱなしな感じで、やっぱりテナーはライブで聴くのが
一番ですなぁ~とテンション上がりまくりでした。
シンペイさん、いつの間に髪バッサリ切ってたんだろう?

テナーさんは、普段あまりMCやアンコールをしないというイメージが
あったのですが、今回は色々といい意味で裏切ってくれ、MCも
ちょこちょこと入れてきました。
アンコールも、まさか2度やるなんて・・・
1度目が終わったところで、会場を出てしまうところでした。

そしてライブ中、周りのお客さんがしきりに2階席を見ていたので、
合間にその方向を見てみると・・・
JIRO!?そりゃぁみなさん見ますわなぁ。

しかしNexusいいですな。
テナーさんのアルバムは、聴きこむ程良くなっていくのですが、
今回はそこそこ早めに良さが出てきていたので新旧の楽曲で
非常に楽しむことができました。
アクセスカウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Ken
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。