--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-28(Mon)

視力回復・・・?

前にnobuosmithが薦めていた本を読んでみようと本屋へ行ったところ
一緒に気になってしまった本があったので思わず両方購入。
元々の目的と全く関係ない・・・それはまた今度。

2週間で目が驚くほど良くなる本―読むだけで速効!視力回復トレーニング (王様文庫)2週間で目が驚くほど良くなる本―読むだけで速効!視力回復トレーニング (王様文庫)
(2003/04)
松崎 五三男

商品詳細を見る


視力もの?に弱い私はタイトルだけで惹かれてました。

この本の基本的な考え方は、他の筋肉を鍛えるのと同じように目も鍛えよう
というもの。
早速やってみました。
・・・が、タイトルの通り2週間で回復!というには1日にこなさなければなら
ない量がそこそこ多い(1回で約15~20分)。
やり方は・・・本を見てみてちょ。簡単です。
最低でも朝昼晩3回は、というのですがさすがに昼に怪しい目の動きをして
いるのは何とも言えず、なかなか実践できていません。
でも理論的には確かにしっかりこなせれば良くなるかも、というものでした。

・・・まだやり始めたばかりなので全く効果はわかりません。
しかも私は現在視力0.002。。
上がったかどうかもわかるのに時間がかかりそうですが、もうちょい頑張って
みようかと思います。

これで良くなれば相当お安いんだけどな~~
スポンサーサイト
2009-09-17(Thu)

難解な文面

さて集中して行うゲームに一段落がついたということで、久々に
文庫的なものを読むことにしました。

思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る


俺好きね~、こういうの。
こういった本を読んで、いいとこ取りというか自分に取り入れられ
そうなものをチョイスして的な判断をしていたのですが。
いやはや内容自体が結構難しくて。
真剣に読まないとまず理解していけない。
なのに最初の方から上みたいな読み方(そこそこ流し読んでしまう)
をするといきなり追いつかない。
そんな調子で結局最後までいってしまった為、最後の締まり方が
いまいち理解できぬままでした。。反省。

とはいえ、最初の方で出ていた学校のあり方的な話は他でもあり
そうな話ではあるのですが、なるほどと感心。
著者は学校で育つ生徒を「グライダー」「飛行機」で比喩し、良い
生徒は「グライダー」(受身で自ら行動のできない生徒)でその反対
の「飛行機」型を嫌う為グライダー養成所のようになってしまって
いるということ。
確かに最近はその辺りの話を体よく家庭に求めすぎてる感が
あるのでは、と真面目に思ってみたり。
この本ではいかにグライダー兼飛行機型のような考え方になるには
どんな心掛けを持ったらよいかについて記されています。

しかしそろそろこういった「考え方のベースになる」ような読み物は
卒業しましょうか、俺。
頭が片寄ってしまいそうだ。
次からは別の方向性(どんな?)に目を向けようか。
こういう勉学をするのにストレスにならない波が来ている間に。
なんで?
この波、短いから。
2008-12-03(Wed)

おすまい

こないだseyが来ておもむろにマンガを置いてった。

living.jpg

な・・・懐かしすぎる・・・(この表紙も)
中学当時から浦沢さんのファンでスピリッツを買い始めて
いた中で連載していたのでした。
まぁDAstudioなんかとハマってましてね。
非常に懐かしい・・・んですが。
今読み返してみると、家に住むことの意味を問いただして
しまうような思いテーマをよくこの作者は軽いテンポで描いた
なぁと関心しきりでした。
昔と感想が変わるマンガ・・・か。深いです。

あっ、マンガ自体はさらっと読めておもろいですよ。
2008-07-31(Thu)

無念

本日発売の号をもって21年という連載が休刊となる
『ヤングサンデー』。
及ばずながら毎週購入しておりました。
河合さんの「とめはねっ!」がやってたからね。
それがきっかけで買い始めたんですが、連載してる
ものも面白い漫画が多く、楽しみにしていたところで
非常に残念でならないです。

しかし一番気になったのは、休刊と発表してから
誌面では一切そのことについて触れてこなかった
こと。
本来なら読者に早く情報を伝えるのが必要なんでは??
と思うのに、どの雑誌に移るかがわかるのが休刊最後
となる今号で。。
ネット見てた方が情報早いじゃねぇか!と。
いくら裏側や経営的な側面で急遽決まったんだか
なんだか知らないが、対応が後手後手な気がする。
現在連載しているうちの半分は週刊誌での再開が
決まっているようだが、それ以外の中でもとりあえず
増刊の雑誌に掲載します、という知らせだけがある
ものもある。
こんなのその場しのぎじゃねぇの??と思ってしまう。

何か読者を小馬○にしてるのかなぁ・・・と、購読者
だからこそ思わず言いたくなってしまったので。

小○館さん、色々不穏ですな・・・。
2008-03-22(Sat)

使いたくとも・・・

最近、また自己啓発的というか色々読み物を読みたい
気分にかられていたので、こちらの文庫を購入。

通勤時間「超」活用術―1年で500時間得する (知的生きかた文庫 ひ 17-1)通勤時間「超」活用術―1年で500時間得する (知的生きかた文庫 ひ 17-1)
(2008/02)
久恒 啓一

商品詳細を見る


通勤時間が唯一、自分自身の時間を持つことができる。
・・・確かに。
筆者の方は、この時間を沢山持ちたいが為にわざと
遠くに住んだそうです(通勤に2時間とか)。
それで座ってこれるなら確かに有効かもしれない。
今の私には想像すらつきません。
だって満車率250%ですからね。
ヘッドホンのケーブルがちょっと引っ張られるからって
自分の手で直すことができないくらいもみくちゃにされて
ますからね。
・・・ってそんなこと言いたいわけではなく。
ただ眠いから寝る時間とかそういう使い方は勿体ない、
ですって。
いや~、非常に突き刺さりましたわい。
明らかに筆者のダメな例に当てはまっちゃってますもん。
通勤時刻を早くする、ってのも、元々うちの会社は普通の
会社よりちと遅め(9:30)が定時の為、早く行こうとすると
思いっきり普通の方々のラッシュとカブるんですよね。
・・・なんか愚痴になりそうなんで止めますが、色々と
考える為の時間にするのはいいことだと思ったので
部分的に参考にさせてもらおうかと思いました。

時間は消費するだけでなく、生み出さないとね。
2008-03-10(Mon)

逆も真なり

前2作ももちろん読んでいたので、自然と購入するに
至ったこの作品。

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い   禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)
(2008/02/15)
山田 真哉

商品詳細を見る


例の会計入門の第3弾です。
上巻では「数字にうまくなる」とか「使うべき数字」について
書かれており、この下巻ではその逆「禁じられた数字」など
について書かれた内容。
上巻と下巻のタイトルが全く逆。
う~ん、深い。
最後まで読むとその意味が分かるのですが、最終的に
会計の入門からビジネス全般的なお話にまで広がって
おり、なかなかどうして興味深い内容でした。
会計が出来てもビジネスは出来ない。
逆もまた然り。
感銘しました。

・・・しかし。
結局会計のこと、というか大外の概論についての話を
されたまでで、興味は湧きましたが知識は変わりません
でした。
これまで読んだ内容をふまえて勉強しないと身につき
ませんな、恐らく。。
・・・色々頑張ります。
2007-12-12(Wed)

純粋なこころ

前の席のK嬢より、「PLUTOを貸してくれたので」と本を貸してくれた。

ホームレス中学生ホームレス中学生
(2007/08/31)
麒麟・田村裕

商品詳細を見る


都市伝説と悩んだ結果、こちらを買ったという。
K嬢らしいですな。
「majuoさんなら絶対号泣ですよ、だから泣いたとこに付箋つけて下さい」
というよく分からない要求もあったが、私も
「絶対泣くようなやつなら泣いてないとこを付箋つけた方が早い」と
わけの分からない抵抗をしてしまった。

ってなわけで読んでみました。
最初に思ったのは、やはり元々こういうことを生業としていないので
当然と言えば当然ですが、文章力がない。
でも、それが逆に言葉をよりストレートにし、直接心に響く言葉に
なってるんではないかな~、と思いました。
そして、期待通り電車でGO泣
あくびをして泣いてるのをごまかしましたよ、何度も。
しかし世の中にはいい人ってやっぱりいるんだな~、と心が温まりました。
2007-08-30(Thu)

DMC

いや~久々おバカなマンガですな。

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
若杉 公徳
白泉社

このアイテムの詳細を見る


DMCことデトロイトメタルシティというデスメタルバンドの物語。
主人公である一見素朴な青年が、このバンドのVo&GrクラウザーⅡ世となり
バンドを成長させていくのだが・・・。
この主人公の苦悩が、ギャップがめちゃめちゃ笑える。
絵がイマイチだが、内容の面白さで買ってしまった。
たまにはおバカなのを見たい方はどんぞ。
2007-08-20(Mon)

投資

またもや久々の本でございます。

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書 ほ 2-1)
本田 直之
幻冬舎

このアイテムの詳細を見る


レバレッジ時間術。
そもそもの時間に対する考え方を「消費」から「投資」に変えてきましょう、
そうすることによって時間の使い方が目に見えて変わりますよ~というもの。
確かにおっしゃることはよく分かるし、その通りできれば・・・とは思うのですが
やはり根本として全てに対し投資という考えはなかなか切り替えられず、まさに
「言うは易し、行うは難し。」 的な感じになってしまいます。
これが実行できたら色んなことやれそうなんで頑張りたいんですけどねぇ。
まずは「忙しい」という概念をなくすことから始める・・・
が、ガンバリマス。
2007-07-23(Mon)

鈍くあれ

会社のY嬢に借りた、「鈍感力」という本を読んだ。

鈍感力
渡辺 淳一
集英社

このアイテムの詳細を見る


何にでもある程度鈍感であった方が良い、といった内容がつらつらと書かれて
おり、若干「もう分かりました・・・」というくらい説明された感じがした。
仕事をする上で、人付き合いをする上で、恋愛をする上で・・・等々どんな場面でも
鈍感力を持ったものが成功する、と。
間違ってはいないんでしょうが、鈍いだけでは・・・ね。
とやっぱり色んなものにはバランスが大切なのかなぁ~と感じました。
アクセスカウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Ken
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。